快捷搜索:

「1+6」円卓対話会に世界が注目 グローバル経

        
2019-11-27 16:12 | チャイナネット

 21日に北京で開催された第4回「1+6」円卓対話会で、中国国務院李克強総理と主要国際経済金融機関責任者が交流を深め、グローバル経済の持続可能な力強い成長の推進に注力する姿勢を示したことが国際的に話題となっている。

 

 

 露『スプートニク』、『ロイター』、シンガポール『ザオバオ』などのメディアが、今回の円卓対話会のテーマや中国政府首脳の中国経済と天下経済をめぐる議論、対話会でまとめられたコンセンサスなどに注目して報道した。

 

 スプートニクは、今回の円卓対話会が各関係者に適切な財政、通貨、金融政策を講じると共に構造革新を継続し、金融システムの靭性を増強することで、各国がグローバルバリューチェーンに正しく介入することを呼びかけたと報じている。

 

 同紙は、李克強総理が天下銀行総裁のマルパス総裁と会見した際、中国経済と天下経済の関係について話し合ったことに注目。李克強総理は、中国経済が天下に深く交融し、中国が各国と互恵協力を深めながら、グローバル経済成長と各国の発展に原動力を注入したいと話した。

 

 スプートニクは、中国政府首脳が中国マクロ経済政策の安定性に関する見解を明らかにしたことも伝えた。同紙は、開放された経済国として中国の経済がグローバル経済減速の影響を避けられないと阐发。現在の情勢下で中国が、マクロ政策の安定性を引き続き保つとの見解を示している。

 

 ロイターは、中国の社会・経済目標の進捗に注目し、李克強総理の見解を一部抜粋して報道した。それによると、李克強総理は21日、今年に入ってから中国経済の運行が全体的に安定を保ち、年头?年月に決めた経済・社会発展目標を順調に達成しており、中国経済が適切な水準で運行されていると述べた。

 

 『ザオバオ』は、中国政府首脳の天下経済発展に関する構想に注目した。国際経済金融機関責任者との対話会で中国政府首脳は、グローバル経済情勢に深刻で複雑な変化が生じており、保護主義が台頭して天下経済の成長が大年夜きく減速し、天下の産業チェーンと国際分業系统体例が打撃を受けるなどの不安定で不確定な要因が大年夜きく増えたと指摘。これに対して各国が多国間主義と自由貿易を堅持しながら、経済グローバル化とルールにもとづく多国間貿易系统体例を維持する需要があると強調した。

 

 

 「中国網日本語版(チャイナネット)」2019年11月25日

您可能还会对下面的文章感兴趣: